ダイビング

沖縄でシュノーケリングをする際の注意点と人気スポット

人気のシュノーケリングスポット

熱帯魚

強い日差しに気をつけよう

沖縄では、9月でも水温が高くシュノーケリングを楽しむことができますが、気温もとても高く紫外線も強いので注意が必要です。強い日差しに当たりすぎると皮膚が真っ赤になってしまうこともあるので、日焼け止めをきちんと塗り対策をするようにしましょう。

怪我の予防もしておこう

シュノーケリングをする際は、怪我をしないためにもラッシュガードやグローブをきちんと装備していくことも必要です。沖縄の海はサンゴやゴツゴツした岩が多く、肌を出したままシュノーケリングをしてしまうと岩で腕を切ってしまったりなどしてとても危険です。シュノーケリングをするなら怪我の予防もきちんとしておきましょう。

沖縄の海を楽しむ

沖縄では、9月に入ってもまだまだ海を楽しむことができます。マリンスポーツや、ダイビング、シュノーケリングなど、いろいろと楽しむことができます。沖縄にはシュノーケリングにおすすめのスポットもたくさんあるので、ランキング形式でご紹介いたします。

シュノーケリングでおすすめのスポットBEST5

no.1

恩納村・真栄田岬

ダイビングやシュノーケリングで1番人気のあるスポットは恩納村の真栄田岬です。ここには「青の洞窟」という場所があり、岩の隙間から太陽の光が入るととても綺麗で幻想的な景色が広がります。

no.2

本部町・備瀬崎

本部町の備瀬崎は、浅瀬でサンゴ礁が広がった場所です。黄色い魚や青い魚など、とても色鮮やかな熱帯魚をすぐにみることができるということで第2位に選ばれました。海に入らなくても歩いて魚を見ることもできる場所です。

no.3

本部町・瀬底ビーチ

第3位に選ばれたのは沖縄本島から車で行ける本部町にある瀬底ビーチです。このビーチは、サンゴ礁によってできた砂浜が広がるビーチです。シュノーケリングを行う際はバナナボートで橋の方まで行き、そこから海に入ります。浅い場所で海に浸かりながらカラフルな熱帯魚を見ることもできるので、小さなお子さんと一緒に海を楽しむこともできます。

no.4

うるま市・伊計島

沖縄本島のうるま市から橋が繋がっている伊計島。透明度も高くシュノーケリングや体験ダイビングもできるビーチがあるということで第4位に選ばれました。ビーチは有料ですが、お土産品店があったり、マリンスポーツも楽しむことができます。

no.5

読谷村・ニライビーチ

第5位に選ばれたのは、沖縄本島にある読谷村のニラービーチです。岩場にはシマ模様や綺麗なブルーの小魚がいます。透明度も高いので、シュノーケリングをしながらクマノミなどのさまざまな魚を観察することができます。

広告募集中